【羊革:シープスキンの特長・お手入れ方法とは?】

更新日:2021年12月2日

レザーといえば、まず初めに思い浮かぶものは牛革ですよね。

様々な種類の動物の革があり、色んな商品に利用されていることをどれほどの人が知っているでしょうか?

羊の皮から作られた革は、シープスキンと呼びます。

この記事では、羊革(シープスキン)の特長やお手入れ方法について、知ることができます。


【羊革:シープスキンとは?】

羊(ひつじ)

羊革の特長は、薄くて柔らかく、きめが細かいことです。

その反面、牛革や馬革と比べると繊維が粗いため傷つきやすく、破れやすく耐久性で劣ります。


羊革の中でも、生後1年以上の羊革はシープスキンと言い、生後1年未満の羊革をラムスキンと言います。また、体毛の生え方でも分類があり、巻き毛の羊の皮はウールスキン、直毛の羊の皮はヘアシープスキンと言います。


羊革は、その特長を生かし、手袋、ゴルフグローブ、レザーシャツなどに使われることが多いですね。



国内の有名レザーブランドBACKLASHでも羊革は使われていたりしますね!



【羊革:シープスキンの4つの特長とは?】


羊革は、とても柔らかい肌触りで、他の革にはない魅力です。

では、羊革の特長を見ていきましょう。




1.暖かい

羊革の中でも、ムートンはたくさんの毛が生えており、その複雑に絡み合った毛の隙間に空気を溜め込み保温効果が高まっています。また、毛それ自体も熱を通さない為、防寒用の服などにはぴったりです。


2.柔らかくて軽い


薄く加工できれば、当然重さも軽くなります。

肌に吸い付くような滑らかな肌触りを生かし、衣類にもたくさん使用されています。

レザージャケットを購入しようとするときに、羊革のものをたくさん見つけることができますね。羊革は、高級ブランドでも多数使用されています。


3.お手入れが簡単

レザーアイテムをお手入れしている

革製品全般にいえることですが、水にぬれた際にはすぐに柔らかい乾いた布で拭きましょう。中でも、カンガルーレザーは、水や汚れが付いても、すぐに柔らかい布で拭けば落とせる場合が多いです。

革によっては、水を即吸収してしまうものもありますので、革のシミや色むらができにくいというのは大きなメリットです。


財布やバッグの持ち手など、手に触れるアイテムは皮脂が知らず知らずのうちに蓄積し、黒ずんできます。毎日、柔らかく乾いた布で拭いてあげたり、柔らかい毛のブラシでブラッシングを軽くするだけでも随分と良い状態を保つことができますので、ぜひトライしてみて下さい。


4.経年変化

経年変化で色に深みが出てツヤが増したレザー

革製品の所有の醍醐味である経年変化、エイジング。深みのある色つやが使用に伴い現れます。植物タンニン鞣しで仕上げた革は、経年変化するので楽しいです。


クロム鞣しで仕上げた革は、経年変化しないので、使用に伴い変化していく様を楽しみたい方にはお勧めしません。一般に、安い革製品はクロム鞣しと思ってもらっていいです。


【羊革:シープスキンにはウールシープスキンとヘアシープスキンの2種類がある】

羊には2つの種類があります。1つは、主に寒い地域に生息している、白いモコモコした毛でおおわれている、いわゆる羊です。この羊はウールシープと言われます。

もう1つは、主に暖かい地域に生息している、毛がモコモコではなく真っすぐな直毛の羊です、この種はヘアシープと言います。


それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。


1.ヘアシープ

羊、ヘアシープ

ヘアシープとは、毛がまっすぐな羊のことを言います。写真の通り毛がモコモコしておらず、乳やお肉目的に育てられています。


暖かい地域に生息しているので、防寒用の毛や脂肪は不必要です。毛皮も生えてはいますが品質は良くなくあまり毛の部分は使用されていません。代わりに、革が大変きめ細かく、美しいので高級ブランドでもジャケットや靴などに使われています。


2.ウールシープ

羊、ウールシープ

ウールシープとは、巻き毛の羊のことを言います。羊と言われて思い浮かぶ、その羊のことです。

寒い地域に生息してるため、防