【鹿革:ディアスキンの特長・お手入れ方法とは?】


様々な種類の動物の革があることをどれほどの人が知っているでしょうか?様々な動物の皮が色んな商品に利用されています。日本では昔から鹿革も利用されています。


この記事では鹿革(ディアスキン)の特長やお手入れの方法について知ることができます。



【鹿革:ディアスキンとは?】


鹿革のディアスキンはメスの鹿から作られた革です。通気性が良く、蒸れにくいその特長はほかにはありません。


ディアスキンは、繊維が非常に細かい革で、匂いを防ぐことも魅力の一つです。

なめらかな質感で強靭さ、柔軟さがあり、近年では手袋、財布、パンツ、帽子、小物入れなど幅広く利用されています。


繊維が非常に細かいゆえに引っかき傷が付きやすい点が人によってはデメリットと感じてしまうかもしれません。


【鹿革:ディアスキンの特長とは?】


革と言えば牛革と言えるほど、牛革は一番流通の多い革です。

鹿革であるディアスキンは牛革に比べると、一頭から得られる皮の量が少なく、生産量も少なく、稀少な皮革といえます。ディアスキンの具体的な特長を知りましょう。


1.柔らかな触りごごちで、とにかく柔軟性が高い


鹿革のディアスキンは、レザーのカシミアと言われるほど優しい手触りです。昔は足袋の素材としても利用されていたほどです。とても繊維が細く、繊細な革です。


2.通気性が抜群に良い


鹿革のディアスキンは、通気性も良く、湿気に強いのが特長です。湿気の多い日本においては最適の素材と言えます。通気性に優れているという特長を生かし、着用しても蒸れにくいよう手袋の素材としてよく使われています。


3.軽くて丈夫


鹿革のディアスキンは、とても軽いのも大きな特長です。軽くて丈夫だからこそ、昔から足袋の素材として利用されていました。


また鹿革自体、他の革製品と比べて比較的型崩れが起きにくく、劣化しにくい皮革です。

近年、ディアスキンを使った財布は人気です。その触り心地が良いながら丈夫であるという特長からですね。


4.お手入れがラクチン


ディアスキンは傷がつきやすく、繊細な皮革なので、お手入れが大変と思われがちです。しかしながら実は、ディアスキンは油分を多く含んでいるので、お手入れの時に油分を補給する必要が少なく、非常に簡単にお手入れができます。また、水に濡れてしまっても油分が失われることがありませんので、雨の日も気にせず使うことができる素材です。


5.経年変化


革製品の所有の醍醐味である経年変化、エイジング。深みのある色つやが使用に伴い現れます。植物タンニン鞣しで仕上げたディアスキンは、経年変化するので楽しいです。


クロム鞣しで仕上げた革は、経年変化しないので、使用に伴い変化していく様を楽しみたい方にはお勧めしません。一般に、安い革製品はクロム鞣しと思ってもらっていいです。


7.デメリット



鹿革のディアスキンには、様々なメリットといえる特長がありました。

しかしながらディアスキンには、人によって、使用用途によってはデメリットと言える点もあります。

ひっかき傷に弱く、表面が剥離しやすいことはその一つにあげられるでしょう。綺麗な状態を保ちたいのであれば鞄の中で、金具などにひっかからないように注意が必要になります。


表面の剥離も、ひっかき傷も、これがディアスキンの良さ、味!となるころには、革大好き人間ですね。



【鹿革:ディアスキン以外の種類とは?】

鹿革には、ディアスキン以外にも種類があります。ディアスキンは雌鹿でした。その他にどんな鹿の革があるか知っていますか?


1.バックスキン

バックスキンはディアスキンと異なり、オスの鹿皮を鞣した革です。雄鹿の皮は雌鹿の皮に比べると傷が多い為、表面をやすりで擦って、起毛させて仕上げることが多いです。

バックスキンは、ディアスキンと同様に軽くて丈夫で通気性に優れているという特長があります。その蒸れにくく、匂いも防ぐという特長からレザーグローブやアパレル製品に利用されることが多いです。



「バック」という響きから、スエード革などと混同されがちですが、バックスキンは雄鹿の皮を鞣した革です。混同しないように注意が必要です。


2.エルクレザー


エルクレザーは、北米や北ユーラシア大陸に生息する大鹿の革です。いわゆるヘラ鹿ですね。