Jillanieに流れる通奏低音

世界をフェアにする仲間の証のクラフトマンキーリング

世界をフェアにする仲間の証 Craftsman Keyring

共同体感覚
嫌われる勇気」で出てくる概念でもあり、私たちの考えでは、平和人が持つ感覚だと捉えている。実際、みな平和人、欲人を持っており、人生・世の中の流れや状況で、どちらかの部分が強く出ているだけという話。
フェアビジネスは平和人によってのみ成立し、究極的にはあらゆるものにおけるワンネス、全体の一部、その意味での共存共栄という考えである。

 

自由を侵さない
前提として、自然(土地やリソースなど)は誰のものでもないというのはベースの考えである。
搾取やアンフェアは、個の自由を追求する過程で、他の自由を侵すことによって生じていると私たちは考える。
個の利益を追求する上で、時として、否、往々にして、他の自由を侵すことを辞さない、もしくは善しとする資本主義は、この観点から不完全であると考える。

個の自由を追求する過程で、他の自由を侵した場合、全体の自由度は下がると考えるからだ。

 

そこで、2つのルールがある。
”他の自由を侵していない限りすべては自由であるルール” 
”他の自由を侵さないようにするルール”

「裸で街を歩くこと」を例に取ろう。あるコミュニティ内でのルールの一つであれば、それは自由である。→過半数で決めると、どちらか一方の自由が侵される事になるので駄目だ。したがって、マイノリティはマイノリティで担保されなければいけない。→民主主義はこの意味では崩壊している。


草の根
我々はあくまで提示をする。闘ったりドラスティックに何かを変えるのではなく、侵食していくイメージだ。すべての活動は根っこに働きかけられている。


すべて心が満ちるベース
自分も仲間も世界も心が満ちることが唯一。
3満ちじゃないと、どこかの誰かの自由が減っている状態だと言えるからだ。
give側でもtake側でも心が満ちる。
 

自分が3満ちになってない場合は、3満ちになるようにしましょう。
相手が3満ちになってない場合は、3満ちになるようにしましょう。
誰かが3満ちになってない場合は、誰かの自由が侵されているということなので、全体の自由が満ちるようにしましょう。

HAPPINESS ONLY REAL WHEN SHARED
by Alexander SuperTrump from Into the Wild

もっとフェアを知る
めっちゃイイ!って思うビジネスバックパック

それは「事業の目的が何か」に尽きる ...

フェアビジネスとは何か

JILLANIEのロゴと180°回転させると”FAIR”の文字が浮かぶ

ロゴはJillanieのアイデンティティを ...

ヴィジュアル・アイデンティティに秘められた想い

フェアメンバーに登録すると、Jillanieの想いや哲学を綴った冊子や、世界をフェアにする仲間の証"クラフトマン Keyring"のお取り寄せ、​バックパックをご自宅で手に取って試せる "Home Try On 体験" ができます。

​お力になれることがありましたら、お気軽にご連絡・ご訪問ください。

お困りですか?
​お店へ訪れる。

あなたがバックパックと出会った瞬間、一目ぼれするようなお店。

SDGsへの取り組み。

目標8 - 働きがいも経済成長も

目標10 - 人や国の不平等をなくそう

​フェアなビジネスの成功モデルへ。

​あなたの鞄ができるまで。

JILLANIEのビジネスバックパックは、バッファローレザーを使用している。その水牛の皮から革へと変化させるプロセスがなめしだ。

​愛着を持って、末永く使っていただくために。

何年も使っていくごとに、革が自分自身にフィットしてくる、自分オリジナルの味が出てくる。愛着が湧く。My Only Backpack & Items