一人のバングラデシュの革職人のストーリー

JILLANIEのクラフトマンを束ねるMr.ファルク

Craftsman Faruk Shaheb and Members @ Tea Store

パートナー職人であるファルクは、首都ダッカからバスで4時間ほどの、自然に囲まれたのどかな村に生まれた。中学校を卒業した後、すでにダッカで革職人として働いていた兄をつたって、自分も革職人としてのキャリアをスタートさせた。

 

それから25年、革職人一筋で歩んでおり、子宝にも恵まれ、3人の小さな娘がいる。

しかしファルクは今、私たちのワークショップで一人、寝泊まりしながら暮らしている。

バングラデシュの革職人は仕事が安定せず、職を転々とせざるを得ない事が往々にしてあり、それはファルクも例に漏れず同様だ。

 

「これでは妻と娘たちに苦労をかける事になる。妻と娘にとっては村の生活の方が安心だ。」と、自分は一人ダッカに残り、別々で暮らす事に決めた。ダッカでは自分の住まいを持たず、工場で寝泊まりして家族を支えるという生活を10年以上続けている。

まとまった休みが取れると、村へ帰り、家族と一緒に歌を歌ったり、フィッシングに行ったり、家族との大切な時間を過ごすことがファルクの楽しみ。今のファルクの使命は、娘に良い教育を受けさせる事。自分の経験から教育は生活を楽にするはずだと信じているからだ。

「少しのお金では大きな夢は描けないから、自分の夢については考えた事はないよ。もし実際にお金を手にするチャンスを得たら、”自分の夢は何か”って考えられるんじゃないかな。ハハハハハ。」

もっとフェアを知る
JILLANIEのバックパックを背負うモデルMr.ハンナ

お金中心・物質主義の社会に、なにか不満や ...

自由で意志あるビジネスパーソンのあなたへ

より良い未来を描く

その為にJILLANIEとしてはまず ...

フェアな世界を創りたい。

フェアメンバーに登録すると、Jillanieの想いや哲学を綴った冊子や、世界をフェアにする仲間の証"クラフトマン Keyring"のお取り寄せ、​バックパックをご自宅で手に取って試せる "Home Try On 体験" ができます。

​お力になれることがありましたら、お気軽にご連絡・ご訪問ください。

お困りですか?
​お店へ訪れる。

あなたがバックパックと出会った瞬間、一目ぼれするようなお店。

SDGsへの取り組み。

目標8 - 働きがいも経済成長も

目標10 - 人や国の不平等をなくそう

​フェアなビジネスの成功モデルへ。

​あなたの鞄ができるまで。

JILLANIEのビジネスバックパックは、バッファローレザーを使用している。その水牛の皮から革へと変化させるプロセスがなめしだ。

​愛着を持って、末永く使っていただくために。

何年も使っていくごとに、革が自分自身にフィットしてくる、自分オリジナルの味が出てくる。愛着が湧く。My Only Backpack & Items