​自由で意志ある
ビジネスパーソンのあなたへ

JILLANIEのバックパックを背負うモデルMr.ハンナ

Hanna, a business person

お金中心・物質主義の社会に、なにか不満や矛盾、違和感を感じている、自由で意志あるビジネスパーソンのあなたへ
 

鞄はただ荷物を運ぶ道具ではなく、自分らしさを表現する手段の一つ。ビジネスにおいて、ウェアラブルなモノだからこそ、その鞄を手に取った時、背負って歩いている時、鏡に映る姿を見た時など、あらゆる場面で気分が上がるかどうか、かっこいいと思えるかどうか。

 

Jillanieのバッグは背中からカバーの部分まで一枚革で、革の中でも一番適した箇所を贅沢に使い、余計なものがなく本当に美しく仕上げている。「こんな鞄見たことある?」

そう誇らしくなるほど、一番好きな部分で自信のあるところだ。

 

背負うと自然に背筋が伸び、胸を張って歩いてしまったり、歩くスピードも速くなった気がする。威厳のある男らしい後ろ姿に、「その鞄どこの?」と周りの人から聞かれたり、その鞄の事をつい誰かに語りたいと思ってしまうほど。

 

この辺りが重要だと思う。

めっちゃイイ!って思うビジネスバックパック

それは「事業の目的が何か」に尽きる ...

フェアビジネスとは何か

世界の誰かを包み込むミスティーク・ジャーニー

いつもの平日の朝、まだ誰もいないオフィスで ...

もっとフェアを知る

フェアメンバーに登録すると、Jillanieの想いや哲学を綴った冊子や、世界をフェアにする仲間の証"クラフトマン Keyring"のお取り寄せ、​バックパックをご自宅で手に取って試せる "Home Try On 体験" ができます。

​お力になれることがありましたら、お気軽にご連絡・ご訪問ください。

お困りですか?
​お店へ訪れる。

あなたがバックパックと出会った瞬間、一目ぼれするようなお店。

SDGsへの取り組み。

目標8 - 働きがいも経済成長も

目標10 - 人や国の不平等をなくそう

​フェアなビジネスの成功モデルへ。

​あなたの鞄ができるまで。

JILLANIEのビジネスバックパックは、バッファローレザーを使用している。その水牛の皮から革へと変化させるプロセスがなめしだ。

​愛着を持って、末永く使っていただくために。

何年も使っていくごとに、革が自分自身にフィットしてくる、自分オリジナルの味が出てくる。愛着が湧く。My Only Backpack & Items