根っこに働きかけな、あきまへんな

JILLANIEの初めのファクトリーに並ぶバックパック

Original Sample Backpacks Made by Craftsman Kaka

現在、世界で最も裕福な8人が、世界の底辺から半分の人々の富(49兆円)を所有している。*¹

一方で、バングラデシュの熟練の革職人は、月に2万円しかもらっていない。

 

莫大な富が蓄積され、かつてない繁栄の時代に、いまだに世界の半分の人たちが貧困に苦しんでいる。

本来働くということは、「誰かの為になることをして、喜んでもらい、その対価としてお金をもらうこと」であるはずだ。

「誰かを利用し、犠牲にした上で、誰かの為になることして、喜んでもらい、その対価としてお金もらう」ということには、我々としてはどうしても違和感を感じるのだ。

 

Jillanieのビジネスはシンプルだ。

鞄を買ってもらったお金から、鞄ができるまでに使ったお金を引いて、残ったお金を、鞄を作ったバングラデシュの職人たちと皆んなで、フェアに分ける。

たったそれだけで、職人の人生が変わる。その職人の子供たち、家族の人生が変わる。それがコミュニティにも波及し、連鎖的に、一気に変わる、一気に良くなる。

当たり前のことであり、それ以外のチョイスはないとも言える。その本来の形が当然のこととして広がりをみせることで、世の中の経済活動の中心が、エゴから心へと移行していく。世界は愛を中心に回るということだ!


そんなフェアな世界になるべく、我々は歩みを進める。

ムハマド・ユヌス著 「3つのゼロの世界」より*¹

JILLANIEのクラフトマンを束ねるMr.ファルク

パートナー職人であるファルクは ...

​一人のバングラデシュの革職人のストーリー

真実を見つめる眼

共同体感覚「嫌われる勇気」に出て ...

Jillanieに流れる通奏低音

もっとフェアを知る

フェアメンバーに登録すると、Jillanieの想いや哲学を綴った冊子や、世界をフェアにする仲間の証"クラフトマン Keyring"のお取り寄せ、​バックパックをご自宅で手に取って試せる "Home Try On 体験" ができます。

​お力になれることがありましたら、お気軽にご連絡・ご訪問ください。

お困りですか?
​お店へ訪れる。

あなたがバックパックと出会った瞬間、一目ぼれするようなお店。

SDGsへの取り組み。

目標8 - 働きがいも経済成長も

目標10 - 人や国の不平等をなくそう

​フェアなビジネスの成功モデルへ。

​あなたの鞄ができるまで。

JILLANIEのビジネスバックパックは、バッファローレザーを使用している。その水牛の皮から革へと変化させるプロセスがなめしだ。

​愛着を持って、末永く使っていただくために。

何年も使っていくごとに、革が自分自身にフィットしてくる、自分オリジナルの味が出てくる。愛着が湧く。My Only Backpack & Items